前へ
次へ

インフルエンザと普通の風邪の違いはここ

インフルエンザと普通の風邪とは一体どのように違うのでしょうか。
インフルエンザはウイルスに感染することで発症する病気です。
症状としては、普通の風邪と同じような症状が出てきます。
喉が痛んだり、 鼻水が出てきたり、くしゃみが出てきたりします。
それから強い咳が出てくるのもこの病気の特徴です。
なんだ、これなら普通の風邪と同じではないかと考えられますが、決定的に違う点があります。
インフルエンザでは、今まで自分が経験したことのないような高熱が出ます。
四十度をこしてしまうような高熱を発症する場合もありますので、そのような場合には、脳のダメージを防ぐために氷枕や水枕が欠かせません特に注意しなければならないのは、体力のない小さなお子様達です。
熱の症状が普段とは違うなと感じたら、すぐにかかりつけのお医者様で診察してもらいましょう。
そうしないと、予期しない気管支炎や肺炎を併発して、重篤な状態に陥る場合があるからです。
高齢者と小さなお子様達に対しては、特に細かな気配りをしてあげなければなりません。

Page Top