前へ
次へ

感染力の強いインフルエンザ

インフルエンザは一般的な風邪よりもウイルスの感染力が強いので、1人感染をしている人がいるだけであっという間に感染が広がってしまいます。
オフィスで仕事をしている人など、もしも1人が怪しい症状を発症しているのであれば、その周りにいる人もインフルエンザに罹患をする可能性があります。
普通の風邪であれば、そこまで感染力は強くはないかもしれませんが、インフルエンザは想像以上に強いウィルスなので感染者に接触をしたのであれば、罹患をする可能性が高くなります。
ですから判定を受けたのであれば、自宅療養をするなど自分のためではなく、周りの人のことも考えて自宅療養をしなければいけません。
日本の企業は休みにくい環境になっていますが、それでも社員の健康を守るためにはしっかりと休養を取るようにする、ということが大切になってきます。
そのために有給を使うというのもよいでしょう。
感染力が強いということは潜伏期間もあることを忘れてはいけません。

Page Top