前へ
次へ

熱が出ないタイプのインフルエンザ

インフルエンザというと高熱が出るというイメージがあります。
確かに高熱がインフルエンザの特徴的な症状と言えるでしょう。
高熱が出ていて風邪の症状があった場合には、検査をするという医療機関も多いです。
しかし熱が出ないタイプのインフルエンザもあり、これに罹患をしてしまうと医療機関でも検査を行わないという場合もあります。
検査を受けないでいるとただの風邪だと勘違いをしてしまい、その結果ウィルスを保有しているにも関わらず、症状が緩和された時点で外に出てしまったり、他人と接触をしてしまうことによって、他の人にもウィルスを感染させてしまうということになります。
医療機関でも熱以外の症状をチェックして、念のために検査を行うなど対策を取らなければいけないのかもしれません。
怪しいと感じたのであれば、医療機関を受診することも大切ですが、検査も行わないこともあるので念のための検査の依頼を行ってみるのもよいでしょう。
そのほうが安心につながります。

Page Top