前へ
次へ

インフルエンザは毎年流行するもの

12月頃になると、毎年どこそこでインフルエンザが流行し、大勢の感染者が出ているとの情報がテレビなどで流れます。
ウィルスは豚や鳥の体を介して人に感染し、感染者がさらにウィルスをばらまくことにより感染は拡大していきます。
インフルエンザにかかると発熱や意識朦朧などさまざまな症状が出て、ただの風邪とは明確に違いがわかります。
家族が感染してしまった場合、速やかに医者に連れていき、マスクなどをさせて他者にこれ以上ウィルスを移さないように注意すべきです。
きちんとした診断が出たらもらった薬を飲ませ、家で安静にさせるのが何よりの回復方法です。
食欲がなくてもある程度食べられるものを食べさせましょう。
それが無理なら点滴をしてもらい、栄養不足にならないように注意します。
インフルエンザは幼児や高齢者にとって、命にかかわる恐ろしい病気です。
冬になると人ごみなどで感染する確率が非常に高くなるので、事前にワクチンを接種したり予防策をとりましょう。

Page Top